NPO法人 フリースクール 木のねっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2/21金

梅の開花。時折吹く風が冷たいけれど、陽射しは春を感じます。
もうすぐ、春ですね!


今日は、LくんTくん、親子組Fさんと連れ子4歳くん。

Tくん、朝からお怒りモード。
Lくんとチームを組んで、私に向かい言葉で攻撃。
その行動の裏には、自分としっかり向き合ってくれる人なのか、試す気持ち。そして、入学を控え、学校への不安や緊張感。いろんな心があるようです。
最初のうちは、Tくんにそれは言われたら嫌な気持ちだよーとか、その言葉を聞いたらショックーなどと伝えてたんですが、
Tくんの怒りがだんだんヒートアップして、手が出たので、それをきっかけとして、しっかり話をしようと思いました。

私がTくんにされたら嫌なこと。
Tくんがやりたい学びは応援したいし、支えること。
そして、ずっとあなたを大好きでいること。

それを伝え終わって、私もTくんも、さぁどうしようかなと思っていたら、Lくんがひょうきんなことをして、
二人で笑って、終わりました。

そしたら、あれほど、顔も見たくないと言ってた彼が
「たみちゃん、たかおにしようー」
と誘ってくれて。
懐大きいなーと、ジンときました。


昔から、向き合うことが苦手で、傷つきたくないから、他人に合わせて我慢することも多かった私。
木のねっこの子どもたちのお陰で、向き合うこと、気持ちを伝え合うこと、そして、お互いを、受け入れること。今さらながら、学んでいます。

これも、大人とこどもが対等ということなのかなぁ。
ありがたいです。

Lくんは、だれかに指図されたことに、いつも従っていたのが、
最近は自分の判断で、それは嫌だと言ったり、自分なりに加減したり、自分で考えて発言、行動することが多くなってきました。

川に行った時に、石を拾って欲しいTくんに、いくら言われても虫を探し続けたLくん。
自分のやりたいことは、だれでも妨げる権利はないし、
自分の言いたいことも、また、
口を塞ぐ権利はないのです。

木のねっこは、
みんながみんな、自分でいられて、やりたいこと、言いたいことが守られる場所であるのです。

Fさんは、私とたかおにして、一輪車に乗って散歩して、護岸ロープ登りしたら満足したようで
午後からは一人黙々と、お金を作っていました。
お金の単位が、ぱいなっぷる とか、ちきゅう とか、ひと、など。
彼女らしいユニークなお札がたくさん出来ていました。

そろそろ親子組は卒業して、はるみちゃんのサポートが欲しい頃かなぁ。

午後からは
LくんTくんがコンビで、ずっと工事をしていました。
穏やかにイキイキと楽しそうに、熱中する二人の姿。
大人がいなくても、夢中で仲間と作り上げていく。そんな二人の世界を壊さないように、声をかけずに物陰からそっと見つめました。

一日一日が、濃口です。

たみ。

こどもらとダッシュして
本気で1位を狙いに行くはるみです。

そういえば、
児童英会話インストラクターの頃も、

先生、大人気ないわー

と、よく言われました(笑)
いや、勝負ですから、本気と書いてマジですから、と真顔で答える。
ちょっと機転や瞬発力が勝負のゲームなら、5.6年生にもなれば、打ち負かされますが、嬉しいものでした。

最近は
T君の荒れたときの言葉、

うっせーんだよ!
ばばぁ、じじぃめ!
この、くそ○○めぇ〜!

とか、そりゃあそっくりに真似するL。
やってみたい、言ってみたいんだろうなぁ、叱られない場所で。
彼にとって、半分は、ごっこ遊びなのだと思うんだけど、
やはり、ムカつきます(笑)

悪態は聞こえないように言い、
聞こえてもいいのは、怒られない人の前。

もう、言わせるだけ言わせてきたので、
微調整のお時間です。

たみちゃんも毎日「濃口」でがんばってくれてることだし、春から小学校だし、いい時期だね。

入学まであと一ヶ月ちょい。

君たちには、なんてったって、
この場所がある。

ここは学校。
自由な学校。
自由と責任を学ぶ場所。
生きる力をつける場所。

みらいをつくる場所。

でっかい家族。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。