NPO法人 フリースクール 木のねっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2/14金

バレンタインデー。
冬の寒さの中、今日は三人のスクール生。LTFの同級生トリオと、連れ子4歳、2歳くんたちでした。


始まって早々、1号館ではFさんとTくんが何やら言い合 っております。
Tくんは、Fさんに見られず選手表を集中して作りたいらしく、
ダンボールのついたてをセッティング。
一方、Fさんは私と羊毛アートがやりたいと、隣に座る宣言。
言葉の攻防戦がしばらく続きましたが、
お互い作業をやり始めたら、ピタリと声がなくなりました。

この二人、会うといつも仲良くケンカしています。
言える相手がいるのも、幸せだよなー。子供時代の遠慮がちに何も言えなかった自分を思い出しました。



外で走ってアクティブなLくん。あったかいー!
とは対照的。
うれしそうに選手の打順を決めていたTくん。じっとしてたから寒くなってきたようです。

Tくん、選手表作った後は野球試合の予定が入っていましたが「寒いからまた後で」と2号館のストーブの元へと温まりに行きました。

そして、私はFさん、4歳くんと一緒に川の方へ。
恒例の護岸登り。
Tくん以外のみんなが次々にやってきました。
ロープを持ちながら護岸を上り下りするのに、ハマった人々。下は2歳から上は古希!!みんな夢中。
いろんな年の人達が、同じことに一生懸命になれるって面白い。
と、高所恐怖症で登れない私は、護岸の上から眺めながら思いました。


2号館へ帰るとTくんが給食作りを手伝ってくれていました。以前罰ゲームに「きゅうしょくをてつだう」と決めたはずの彼が、今日は積極的にやっています。
白菜を細かく切ったり、コロッケに米粉やパン粉をつけたり。

できあがったお味噌汁を飲みながら、「子どもが手伝ってくれたら、不思議といつもより美味しくなるんよねー」とみかちゃん。
Tくんありがとう。

午後からは野球をしました。
Tくんがバッター。Lくんがキャッチャー。
野球に詳しいTくんがLくんをリードしていました。
Tくんがハイライトシーンを演じながら、楽しい試合。
私ごとですが、ボール競技は小さな頃から大の苦手。特にボールをキャッチできないのには、いつも涙を流しておりましたが、最近Tくんとの野球のおかげでキャッチ率向上。
苦手と思っても、続けてやってみると変化があることもある。私がおばさんになっても、こんなことがあるのねーと、うれしかったです。

そうそう、はるみちゃんLくん親子の絵描きタイム。
クワガタとザリガニの模写。
二人の絵のコラボが大好き。
ダイナミックかつ細かいところまで捉えているのです。


それと、やるやるーと言いつつ
全然作ってなかった
ポスト表札づくり。
やっと作りました。
木の板に彫刻刀で文字をホリホリ。
いい便りが来ますように。

帰る間際、今からまた野球やろー!っとTくん。私が「日誌書くからー」とあいまいに答えていたら、結局私の帰る時間になってしまいました。
期待するようなあいまいな態度じゃなく、できないことはできないとしっかり伝えておけばよかったと反省。
月曜またやろうね。

疲れたのかブログ書きながら5回も寝落ちしそうになった。
無事に最後まで書けてよかった!


たみ。

さて、1日明けてしまいましたが、
こんにちは。

昨朝、みかちゃんから、マクロビチョコをもらったり、
世良さんから、高級はるみみかんをもらったりして、
焚き火をしていた藤野さんから

「ご機嫌じゃねー♪」

と、すっかり浮足だっているのを見抜かれた、はるみです。

昨日の給食は2時前とかなりましたが、
みかちゃん、経理スタッフさん、T.Fなどがコラボして作ってくれたそれは、
めちゃめちゃ、心ポカポカあたたまるコロッケ、味噌汁でした。

みかちゃんがしっかり背中をみせてくれた
おかげだと思う。
そこに環境がなければ、ということ。
特に小さな世界の幼児〜小学生あたりまではオトナの環境設定は大事です。

これを間違えて捉えている
間違えたやり方の早期教育は論外ですが。

まずは経験から伝えていく、魅せる作業から。
だから、週末スクール体験でも、
お招きする講師には、上手い下手より、楽しんで講師自身ができる方にお願いしています。それでも皆さんはじめは教えようとがんばってくださいますが。

本人が名選手でも名監督にはならない例があるように、
教える作業は難関です。
経験の積み重ね。
見極めの力。

何が言いたいのかというと、
まずは、

やってみたい

を育てること。

そのあとに、
憧れの選手、アーティストに習うのか、
その筋では名高い、教えるプロに習うのか、または、習わず自己流で突き進むのか、

自分の学びは自分らしく

すればよいのだと考えます。
近道が嬉しい場合もあるし、遠回りを楽しみたい場合もあるし、
引き返してもいいし、
好きにすればいいのです。


さて、
親子参加のFですが、
親子参加のルールとして、親が一緒にいて、ケアをし、スタッフはその援助、というのがあります。
なので、あまり、私がFとの2人での絡みはないのですが、今日は誘われて、2人で
放課後に護岸にいきました。

みて欲しかったのか、初めて挑戦した壁登りができたこと。
褒めないけどね。

あとから来たLと
タイムを競います。
Fは長靴脱いで本気モード、何度も挑戦して10秒フラット!
Lは一発勝負で8秒!

もうやらなーい

と彼はかえっていきました。
そのあとも長靴バージョンでタイムを測ったり、なかなかのアスリートなFです。

彼女もとっくに幼稚園レベルは脱出しているんだよね。

学びを深める時期にとっくに入ってる。

今日のメンバー
L.T.F.
春から小学生。
楽しみです。

い ろ ん な 意味で♪

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。