NPO法人 フリースクール 木のねっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

10/3金

芸北はそよ村へ、農遠足。
自然農田んぼに生えたヒエを刈りに行きました。

ヒエは雨風から稲を守るようにして生えていて、
その強い茎に生命力を感じました。
にんげん主体で考えれば、ヒエは必要ないものかもしれませんが
稲にとって、土地にとって、
ヒエは大事なものではないのかなぁ、と思ったりしました。

害虫は、だれにとっての害を及ぼすか、とかね。考えたりします。


それでも、稲をありがたくいただきたい私たちは
10日後に控えた稲刈りのために
刈りやすいよう
ヒエの頭の部分だけを刈っていきました。
軍手とカマ。
前回は最初素手でとっていたのですが…道具は便利ですね、あっという間に切れます。
丁寧な手作業は、傷つけず繊細さを保てるけど
道具もまた使いよう。


で、もくもくと刈っていくかたわらで、Mさんが
先日学校でもらってきた、理科実験道具で遊んでいます。
空気鉄砲?水鉄砲にもなる注射器を大きくしたようなプラスチックのそれに、夢中になっておりました。

連れ子くんたちは、泣いたりきまぐれに手伝ってみたりと過ごしています。

そして、実験に飽きたMさんは、
はるみちゃんにもらった生の米を食べました。
美味しい!と、モミを剥がしながら、数粒食べていました。

来月には、炊きたての新米を試食する予定。楽しみ、楽しみ。

Mさん、本腰入れて農作業はしませんが、刈ったヒエを運ぶ役をかってでてくれました。

そんなこんなで、午前中で大方の作業がすみ
古民家で昼食。
スッと入る心地よい風に癒されながら
デザートの梨や栗とともに
秋を感じました。

紅葉も少しずつ色づいています。

午後からも少しヒエを刈ったり片づけた後、
はるみちゃんが大きなカエルを発見!!
主?
風格のあるカエルさまは
遊ばれて怒ったようですが
感情をしっかり持ったような
お顔でした。
私はカエル苦手なので、直に見ませんでしたが…。


時間に追われ、帰路につきました。
やはり、ここでは時間をきにせず、ゆったり過ごしたいねぇと
言いながら。
はそよ村での企画、いろいろ考案中!

大好きなはそよ村。
夢は広がります。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。