NPO法人 フリースクール 木のねっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7/14月

クロバネキノコバエの特徴

    体長  1~2mm

    体色  黒色~暗褐色

        羽があります

というわけで、
雨上がりの湿気とともに、
このコバエさんが大量発生です。

口の中にも入り込むほどです。


MF姉妹は、朝からイライラモードで
いつもはサクサクのスケジューリングも
全くやる気なし!
とにかく、iPadだけはしたいようで、
どちらが先にやるかで、モメる…。

私が間に入ると、余計にこじれると思い、すみません、スルーしちゃいました。
はるみちゃん、フォロー本当にありがとうございます。

結局、じゃんけんで決めることになり、負けたMさんはふてくされて車の中で読書。
けど、以前に比べて、気持ちを言葉で伝えられるようになってきました。
切り替わるのも、早くなってきたし。

連れ子くんたちも、それぞれの関係の中で、ぶつかったり主張したり、仲良く遊んだりしています。

みんな、大きくなったなぁ。

iPadが終わったMさん。科学実験 手品の本を見ていたら
何やらやりたくなった様子。
理数系のほんみやスタッフと相談しながら、おもしろ実験スタート。

コップ二つ用意します。
一つは水。
もう一つは、水と油。
両方に氷を入れると…
水のは上の方に氷があるのに
もう一つは油と水の層の間に氷!

それぞれの質量の違いでおこる
おもしろ実験。

もっといろいろしてみたいー
アルコールを混ぜて
分離した水と油を溶かそうとしてみる。
お酢も入れたら??
と、どんどんひらめく。
興味もいっぱい!!

公式だの記号だのは、後でも学べる。
今、知りたいこと、やりたいことを、
その時にやってみる。
興味は生ものだから!

いろいろ、やってみて満足した様子のMさんでした。ほんみやさん、サポートありがとう!

ほんみやスタッフより解説

やったこと(^.^)本日☆

水と油のに対する、氷の比重実験。水と油の乳化実験。
油とアルコールの溶解実験。
油と酢の溶解実験。

油に溶ける何かを探すMちゃん。

最後に、全部混ぜ、氷をドンドン追加し、温度を下げ、観察。
一部乳化し残りは、水と混ざらず分離。
«油に親水基がついているモノなら水に溶ける部分ありで、親水基がなければ溶けないと思う»

さすがです!


一方Fさんは、ダイナミックに一色の絵の具を手につけて、
紙に描く…というか、塗りつける。

その後、私と一緒に、エコバック作り。
昨日のフリースクール体験で、奥様たちが作っていたのが気になってたみたいです。

Mさん絵の具でお絵かき。
こちらは繊細に小さな円を等間隔に虹色に配置。かわいい水玉模様。


YouTubeを駆使し、折り紙もおりました。

そうそう、あの大量のコバエと格闘して、
みかちゃん、経理さん、ほんみやさんがおから大豆バーグなど
給食を作ってくれました。

あの小さな虫が入らないよう
注意しながら調理するのは本当に大変で
気も使ったでしょう…本当にありがとう。


午後からは
川へ行きました。
雨のあとなので増水、水流もきつく
活動範囲を決めてから
川に入りました。

雨も降ってきて寒いのに
腰までつかっている、二人…

水しぶきを掛け合ったり
朝の険悪ムードと対照的な
大はしゃぎの二人と
それを見守ってくれるはるみちゃんを眺めてると
なんだか本当に有難くて
嬉しい気持ちがあふれました。


こうして、学校をいつも休むと
母親が甘いから…
母親のしつけがなってないから…
などと、
直接言われないにしても、
方々から伝わってきます。

それでも
ここへおいでーと言ってくれる
ビッグマザーはるみちゃんと
それを支えてくれるスタッフ、
来てくれる、みなさま。

見守ってくださる人々

一人一人のおかげで
今があります。


いつも、ありがとうございます。

これからも
木のねっこと子どもたちの成長を
みんなで見守られる場所となりますよう。


たみ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。