NPO法人 フリースクール 木のねっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6/16月

梅もぎ遠足。

私の幼少期を過ごしたばあちゃんの家へ、木のねっこスタッフ3人と小学生MLメンバーで行きました。

畑には30年くらいの梅の木があります。無農薬無肥料の、いわゆる自然のままにほったらかし梅の木です。
今年は実も大きく豊作とのこと。

安芸高田市吉田町まで着くと、お昼の時間。
ばあちゃんの作った野菜を使って
豆ご飯、野菜たっぷり味噌汁、
母が作ってくれました。

お腹いっぱいでゆっくりしたい気分でしたが、
目的の梅もぎをしないとね!

一輪車や籠を持って、いざ畑へ。

届く部分は、手でもいで、
高いところは、棒で梅の実を落とし
木の下に敷いたシートの上の実を
最後に拾います。

暑い中、みんな麦わら帽子かぶり
黙々ととります。
ひたすらもぐこと、一時間半!

その実を手分けして、ばあちゃん家までよいこらしょーと持ち帰り、
秤で一キロずつ袋詰め。
なんと全部で30kg!みんな頑張りました!

木のねっこ用に
梅シロップ
梅味噌ドレッシング
梅干し
を作ります。

後は、各自の家の分をもらって
ばあちゃんちを後にしました。


さすがに疲れた私。だけど、我が家の梅シロップだけは仕込みました。

梅もぎも、梅仕事も
身近にあったのに程遠い人生だったのに
今は、とてもやりたい。

人は変わるもんだな。

子どもたちは、梅もいで、飽きたら遊んでいた。のびのびと。


子どもたちは
こういう季節の仕事を
大人になって
どんな風に思い出しているのかなぁ。


たみ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。