NPO法人 フリースクール 木のねっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4/18金

雨あがり。水たまり。
少しひんやりした空気。


今日は、1年生になったFさんと
連れ子4歳くんと1歳くん
帽子が似合うボラスタのベレちゃん(この名前で決定!?)が来てくれました。
経理さんと連れ子3歳くんも、書類を渡しに来てくれて、ありがとう!


さて。久しぶりのFさんの活動。

届いた藍の種を畑にまいて。

はるみちゃんに見守られながら
コーンスターチアートで
公園と想像の小人の世界を作って。

みかちゃん給食手伝ったり
眺めて。

もりもり
お代わりして
美味しい給食食べて。

ベレちゃんの編み物するのを
興味深く観察し。

はるみちゃんに
取り付けをお願いしたハンモック。
事務作業で振り向いてくれない
母さんをどうにか誘って
ゆらゆら揺れて
ワハハと笑い。


少しずつ
少しずつ
彼女の緊張や不安や恐れから
解放され

少しずつ
少しずつ
彼女が自分であることを
取り戻していきました。


自分のやることを
選択することができない人にとっては
決められた枠や時間が
居心地いいかもしれない。

けれど
自分のやることを
自分で決めることができる人にとって
誰かが勝手に枠や時間を
決めてしまい
そこにはまりなさいと言われることは
三角の囲いの中に
丸が押し込まれるようで

そばで見ていて痛々しい。


丸は丸のままでいる。


それを許される木のねっこと
見守ってくれる人々のおかげで
今日は私もFさんも
うれしかった。

そして、ありがたいことだと
心から思った。

スタッフとして働けること
母として子を見守られること

みんなのおかげ。
木のねっこのおかげ。


感謝。


たみ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。