NPO法人 フリースクール 木のねっこ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スタッフ紹介

木のねっこメインスタッフの

はるみ&たみの紹介文
↓↓こちらをクリック♪
スタッフ紹介


あなたとの意外な共通点が、ある!?かも!?


木のねっこを応援してくださる方

ぜひ下のバナーをクリックして
応援する!またはシェアを
よろしくお願いします。
\uc0\u12302 NPO\u27861 \u20154  \u12501 \u12522 \u12540 \u12473 \u12463 \u12540 \u12523 \u26408 \u12398 \u12397 \u12387 \u12371 \u12303 \u12395 \u12289 \u12356 \u12356 \u12397 \u65281 \u12420 \u12471 \u12455 \u12450 \u12384 \u12369 \u12391 \u25903 \u25588 \u37329 \u12434 \u23626 \u12369 \u12425 \u12428 \u12414 \u12377 \u12290 \u65374  NPO/NGO\u12434 \u35504 \u12391 \u12418 \u31777 \u21336 \u12395 \u28961 \u26009 \u12391 \u25903 \u25588 \u12391 \u12365 \u12427 \u65281 gooddo(\u12464 \u12483 \u12489 \u12453 ) \u65374

不要な本などありましたら、
BOOK募金にご協力よろしくお願いします。
詳しくは下のバナーをクリック!







スポンサーサイト

PageTop

自然農について、つぶやき

自然農畑の大豆を収穫しました。
初の大豆栽培。木のねっこ畑の野菜としては、珍しく順調に育っているので大豆がとれるのを楽しみにしてました。
が、収穫は、大豆が枯れてからと調べたら書いてあったので、待っていると
続く長雨。毎日畑に行けるわけではないので、
タイミングを逃してしまったのでしょうね。
大豆のほとんどは腐ったりカビていました。

残留農薬や、まわりから流れてくる田んぼの水の影響もありそうです。

ある、自然農農家さんが、Facebookに下記のように書いておられました。

子どもを観察するのと同じように
野菜もしっかり観察していきたいなと思いました。
【文=たみ】

以下、抜粋記事
↓↓↓
【 大豆と遊べば見えてくる世界】

全国のフレンドの皆様、超こんにちは!

農内変換、愛とパワーを与える百姓、中川吉右衛門です。

「食べ物で遊んではいけません!!」

小さい頃から教えられた、素晴らしい教育です。

全くその通りだとおもいますし、僕も間違いなくそのように言います。

が、ここ数日、僕は大豆と遊びまくっています♫

ここでいう遊びとは、食べ物を粗末にするというのではなく、大豆と仲良くするという感じでしょうか。

キャプテン翼で言えば、

「ボールは友達!」

という感覚ですね。

大豆と遊ぶ。

それは、大豆と仲間になる事。

今年の大豆は、秋の長引きで、気温が下がらず、湿度が高く、なかなか枯れない場所がありました。

結局それらの大豆の刈り取りは後回しになる事になり、そうこうしているうちに、雨が多く降る時期に入ってしまい、結局乾ききらない。

僕の大豆は、一部の広い面積を除き、全てを、手刈り、天日干し、足踏み脱穀なので、大豆が乾いてくれないと、後々大変なのです。

じゃあもっと乾燥させておけばいいじゃない?

と、思いますよね。

それがそうもいかず。

間も無く雪が降ってくるんです。

僕のところは、大量の鞘付き大豆を置いておける雨風を凌げるような場所は、ビニールハウスしかなく、そこで乾燥させていると、間も無く雪が降ってくる。

そうなると…

まさに去年のように、雪でハウスが潰れるという事態になりかねない。

去年は、見事に潰れましたからね笑

そうなると、損害も金額もでかいですし、中の大豆は全て諦めるしかなくなる。

というわけで、今年は、多少乾燥があまくても、脱穀し、この画像のように、シートの上に広げて乾燥させているのです。

ここで、この大豆との遊び心が湧いてくると、見えてくる事があるんですよね。

それは単純に、虫喰い豆が多いという事。

これは自然栽培の世界では、まだまだその作物が土地に馴染んでいないとか、残留している農薬や肥料分、いわゆる肥毒が抜けきっていないから、作物の中の余分ものを取り去るため、または浄化させるために虫がついて、食べてくれる。

と言われます。

確かにそれは間違いない事です。

他の栽培から転換してすぐの畑は、そうとう虫がつく。

新たな種を下せば、それもそうとう虫や鳥や獣害に合う。

だからそれは間違いない自然の法則なんです。

でも、それも自然界の一側面でしかないと、僕は思う。

なぜかといえば、同じ畑の同じ品種の、同じ畝で栽培している大豆でも、適期に刈り取り乾燥できた豆は、ほぼ虫食いはない。

これは、米も、豆も、サトイモも、大根、カブ、その他の野菜も全く一緒なのです。

という事は、収穫の適期。

ズバリ、今!!というタイミングで収穫しなければ、虫食いが多くなったり、品質が落ちたりするって事です。

そんなの当たり前じゃん!

って思いますよね。

そうなんですよ。

この、誰でも頭では理解できて、もっともシンプルで基本的な事が、なかなか腑に落ちないんですよ。

いろんな考えに囚われていると。

その年その年の天候、気候によっても、あらゆる事が違いますし、肥料も農薬も関係ない、山の中に山菜やキノコ採りに行っても、虫はいるし、そこに生えている植物も虫に食べられている。

だから、それが自然なんですよね。

自然とは囚われない事。

そして、作物も草も虫も微生物も、あらゆるものが混沌としているカオスの世界。

これが自然なんであって、考え方、見方、法則は、決して一つではない。

もしかしたら、法則なんてないのかもしれない。。。

なんてね♫

思ったりもするわけです。

で!

作物であれば、それは適期種まき、適地適作、適期収穫。

これがまずは栽培の王道なのだと、改めて思わされました。

それをまずはとことん見極めていく事が、百姓の智慧と経験と業になるのではないかと思うんです。

これだから百姓は愉しくてしょーがない。

正解だと思っていたら、あれ!?
違うの!?

なんて事は、しょっちゅうですから♫

ね!
百姓愉しそうでしょ♫

ちょっとでもそう思ったあなた!

どう?一緒に百姓やらないかぃ?

皆様、遊べなければ、見えないものばかりだぜ!!の素敵な一日を!


木のねっこを応援してくださる方
ぜひ下のバナーをクリックして
応援する!またはシェアを
よろしくお願いします。
\uc0\u12302 NPO\u27861 \u20154  \u12501 \u12522 \u12540 \u12473 \u12463 \u12540 \u12523 \u26408 \u12398 \u12397 \u12387 \u12371 \u12303 \u12395 \u12289 \u12356 \u12356 \u12397 \u65281 \u12420 \u12471 \u12455 \u12450 \u12384 \u12369 \u12391 \u25903 \u25588 \u37329 \u12434 \u23626 \u12369 \u12425 \u12428 \u12414 \u12377 \u12290 \u65374  NPO/NGO\u12434 \u35504 \u12391 \u12418 \u31777 \u21336 \u12395 \u28961 \u26009 \u12391 \u25903 \u25588 \u12391 \u12365 \u12427 \u65281 gooddo(\u12464 \u12483 \u12489 \u12453 ) \u65374

不要な本などありましたら、
BOOK募金にご協力よろしくお願いします。
詳しくは下のバナーをクリック!





PageTop

うれしいお言葉

先日見学にいらした方より 嬉しいお言葉いただきました。
話しても話しても通じないことが多い中、
また何度かしかお会いしてない方に、
私たちのフィールドをみて、
いただいたこの言葉は
非常にうれしいことです。

以下引用

〜〜〜
子どもの就学の保障は本来、学校だけにとどまらず生きる力を獲得できる環境を
整えることが必要です。
木のねっこさんは、一人ひとりの個性や願いを自然のなかで経験し学ぶと同時に
生き抜く力に変える原動力を提供しています。
人口の減少と高齢化した地域に、新たなつながりを創り出す拠点となっているこ
とも重要です。
地域の人から子どもが学び、同時に地域の人びとに力をもたらす。今日の学校で
は得難くなっている地域とともに生きる力を獲得する循環を創り出 しています。
〜〜〜


木のねっこを応援してくださる方
ぜひ下のバナーをクリックして
応援する!またはシェアを
よろしくお願いします。
\uc0\u12302 NPO\u27861 \u20154  \u12501 \u12522 \u12540 \u12473 \u12463 \u12540 \u12523 \u26408 \u12398 \u12397 \u12387 \u12371 \u12303 \u12395 \u12289 \u12356 \u12356 \u12397 \u65281 \u12420 \u12471 \u12455 \u12450 \u12384 \u12369 \u12391 \u25903 \u25588 \u37329 \u12434 \u23626 \u12369 \u12425 \u12428 \u12414 \u12377 \u12290 \u65374  NPO/NGO\u12434 \u35504 \u12391 \u12418 \u31777 \u21336 \u12395 \u28961 \u26009 \u12391 \u25903 \u25588 \u12391 \u12365 \u12427 \u65281 gooddo(\u12464 \u12483 \u12489 \u12453 ) \u65374

不要な本などありましたら、
BOOK募金にご協力よろしくお願いします。
詳しくは下のバナーをクリック!





PageTop

READYFOR?残り18日

こんにちは、実行者代表の横山です。
さて、本日は親向けの勉強会の日でした。
自閉症や発達障害の方に多い感覚統合のお話を、作業療法士のたみちゃんを囲んで気軽に質問などをはさみながら体験したりの2時間でした。
定型発達であろうが、自閉であろうが、抱える大なり小なりの感覚の偏り。
それを知り、いったいどう対応するのか、治療するのか?とよく聞かれますが、周りが知ればよいのです、と私は答えます。
周りが彼らから学ぶのです。

よくこんなこともあります。

うちの子どもはADHDの気があってね、自閉症スペクトラムと世間では言われれているんだけどね、あ、あのこはちょっと発達障害っぽいんだよね、(診断済み)

と私が話すと、

そんなことないよ、そんなものないない!

大概、こういった方は実体験としての知識がないです。興味を持って調べてもいないし、観察もしたことがないのでしょう。すこし話をすればわかります。
励ましているのかもしれませんが、こちらは卑屈になっているわけでも、開き直っているわけでもありません。ただ、世間にあわせてわかりやすく話をしているだけで、病名に呑み込まれているわけじゃないんです。

話が少しそれましたが、
なんにせよ、自分で納得するまでしらべること。本やTV,情報には書き手の意図や、意志も入り混じっていること、そんなことを踏まえながら、自分の考えと照らし合わせること、考えること、そういうことが大事かなと、思います。

そんなこんなで、
フリースクールにくる子どもたちはそんなこんな凸凹のある子どもたちが多くて
面白いです。世間に出ればナントカ障害と言われる子どももいますが、在籍校に通う子どもにはアセスメントをつけて担任に提出したりもします。
学校では面白がってくれませんから、大概(笑)

長くなりました、それで、今日は午後から、木のねっこ高等学院始動場所となる、
広島市安佐北区亀山の古民家を訪ねました。
工事がはじまっていましたよ。
8月には机やいす、パソコンなどの設置を完成させねばなりません。
明日地域のかたの会合にあいさつに参ります。

地域と福祉、教育、すべてがうまくつながる世の中をつくるために。

あと、28万9千円!!
残り18日です。よろしくお願いします。
ご支援者の皆様、心を共にお願いします。

【レディフォー新着記事より転載】




木のねっこ高等学院つくります。
共感支援システムのReadyFor?で7/24から30日間の資金集めスタートです。
よろしくお願いします。
支援、拡散お願いします。
READYFOR?木のねっこ高等学院


木のねっこを応援してくださる方
ぜひ下のバナーをクリックして
応援する!またはシェアを
よろしくお願いします。
\uc0\u12302 NPO\u27861 \u20154  \u12501 \u12522 \u12540 \u12473 \u12463 \u12540 \u12523 \u26408 \u12398 \u12397 \u12387 \u12371 \u12303 \u12395 \u12289 \u12356 \u12356 \u12397 \u65281 \u12420 \u12471 \u12455 \u12450 \u12384 \u12369 \u12391 \u25903 \u25588 \u37329 \u12434 \u23626 \u12369 \u12425 \u12428 \u12414 \u12377 \u12290 \u65374  NPO/NGO\u12434 \u35504 \u12391 \u12418 \u31777 \u21336 \u12395 \u28961 \u26009 \u12391 \u25903 \u25588 \u12391 \u12365 \u12427 \u65281 gooddo(\u12464 \u12483 \u12489 \u12453 ) \u65374

不要な本などありましたら、
BOOK募金にご協力よろしくお願いします。
詳しくは下のバナーをクリック!





PageTop

種もみまき 覚書

【苗床づくりと種もみまきの覚書】

長谷山さんに教わったことを
忘れず
今度から一人でできるように…


①バケツの中に水をはり、種もみを入れる。

②浮いた種もみは、小さな網ですくい取る。

③バケツの種もみを、ザルに移し水切り。

※ここまでの作業は一日前がベスト。

④種もみをまく、うねづくり。
畑の表面のわらなどとって、
さらにくわなどで夏草の種を削りとる。
その土などは、別の場所へ移す。

⑤畑の表面を平らにならす。

⑥あぜの位置を決め、くわなどで目印の線をつけておく。

⑦鳥と猪対策の竹の枝を取りに行く。多めにとっておく。

⑧種もみをパラパラと重ならないようにまく。ベストは1cm間隔。もみが重なった部分は手で補正。
ありがとう〜と思いながらまくと、いいみたい。

⑨もみの上に5.6mmの厚さの土をパラパラとかける。
野菜は種の大きさの分の土をかけるのだそう。

⑩くわであぜを掘りうねを作る。(モグラが掘らなくなる)

⑪わらを上からかける。わらの向きを互い違いにして、全体に。
保温と保湿の効果。
本当は、わらを切ってかけたらいいらしい。

⑫わらの上からクワの背でグッグッと体重をかけて押さえる。全体をやる。

⑬ウネの周囲にとってきた竹を斜めにさす。間隔を狭める。
あぜにも忘れずに。


出来上がり!!

長谷山さん
雨の中ありがとうございました!
【文=たみ】

木のねっこを応援してくださる方
ぜひ下のバナーをクリックして
応援する!またはシェアを
よろしくお願いします。

\uc0\u12302 NPO\u27861 \u20154  \u12501 \u12522 \u12540 \u12473 \u12463 \u12540 \u12523 \u26408 \u12398 \u12397 \u12387 \u12371 \u12303 \u12395 \u12289 \u12356 \u12356 \u12397 \u65281 \u12420 \u12471 \u12455 \u12450 \u12384 \u12369 \u12391 \u25903 \u25588 \u37329 \u12434 \u23626 \u12369 \u12425 \u12428 \u12414 \u12377 \u12290 \u65374  NPO/NGO\u12434 \u35504 \u12391 \u12418 \u31777 \u21336 \u12395 \u28961 \u26009 \u12391 \u25903 \u25588 \u12391 \u12365 \u12427 \u65281 gooddo(\u12464 \u12483 \u12489 \u12453 ) \u65374

不要な本などありましたら、
BOOK募金にご協力よろしくお願いします。
詳しくは下のバナーをクリック!



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。